孤立の18人、無事救助 大分・玖珠の渓谷

西日本新聞 夕刊

 大分県玖珠町の大谷渓谷近くで台風10号の影響で川が増水して14日夜から孤立していた18人について、県警と消防は15日朝からの捜索で全員の無事を確認し、消防の四輪バギー車などを使って全員を救助した。全員、同県日田市内の病院に搬送されたが、けが人はいないもよう。

 県警などによると、捜索は15日午前7時20分ごろ、40人態勢で再開。同8時すぎ、現地で全員を発見したという。

 18人は大人7人、乳幼児を含む未成年11人の複数の家族とみられる。佐賀県から車6台でバーベキューなどを楽しむため訪れていたが、車が水没するなどして救助を求めていた。 

PR

PR

注目のテーマ