『殺しの柳川 日韓戦後秘史』 竹中明洋 著 (小学館、1890円)

西日本新聞 夕刊

『殺しの柳川日韓戦後秘史』竹中明洋著(小学館、1890円) 拡大

『殺しの柳川日韓戦後秘史』竹中明洋著(小学館、1890円)

 日本の植民地統治下の釜山で生まれ、大阪で強盗団を率い、「殺しの柳川」という異名をとどろかせた柳川次郎。暴力団組長となったが、在日社会で疎まれていることを恥じて、組を解散。堅気になった後、韓国の情報機関と深く関わる。日韓戦後史に異彩を放つ男の生涯を描く。

PR

PR

注目のテーマ