わしも台風にはかなわんぜよ-…

西日本新聞 オピニオン面

 わしも台風にはかなわんぜよ-。坂本龍馬の像はそう言いたげに。台風10号が四国、中国地方を直撃した。JR高知駅前の龍馬ら幕末の志士像も、暴風を避けて一時撤去された

▼折あしく、お盆のUターンラッシュのピークに重なった大型台風。航空各社やJRなどが相次いで運休し、乗客が足止めされた。JR博多駅の窓口には、切符の払い戻しや翌日以降の予約を求める人の長い列が

▼「日本をいま一度洗濯したい」と言った龍馬。司馬遼太郎さんの小説では「人の世に道は一つということはない。百も千も万も」と。「時刻表通りの正確な運行」という王道を誇るJRが今回、別の道を選んだ。「計画運休」である。西日本の大動脈の山陽新幹線は新大阪-小倉間で終日運休。在来線も岡山、広島、山口各県と四国で全線が止まった

▼計画運休は昨年の台風接近時、首都圏の鉄道各社が実施して注目された。悪天候の中、無理をして事故を起こしたり、列車が立ち往生したりすれば、影響はさらに深刻になるからだ

▼乗客の側も、突然、運休と言われたら、途方に暮れる。事前に知らされれば、旅の日程の変更や他の移動手段を検討できる。計画運休の頻発は困るが、乗客本位でうまく使ってほしい

▼とはいえ、意地悪な台風に振り回された人は、さぞお疲れだろう。古里や行楽地で命の洗濯をした時間を糧に、週明けからいま一度、頑張らんといかんぜよ。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ