真夏の成人式 大人の一歩 九重町 涼しげな服装で出席

西日本新聞 大分・日田玖珠版

成人式を前に写真を撮る九重町の新成人 拡大

成人式を前に写真を撮る九重町の新成人

 九重町は16日、お盆の帰省時期にあわせた成人式を同町後野上、九重文化センターで開いた。町によると今年の新成人は85人。台風一過の夏空の下、大人としての自覚を新たにした。

 同町の成人式は例年、8月15日に開催しているが台風10号接近のため延期された。真夏の成人式とあって振り袖姿の人はおらず、出席した新成人は涼しげなサマードレスやスーツ姿。

 式実行委員を務めた会社員、中原はるかさん(19)は「振り袖を着たい気持ちも少しありますが夏に開く成人式の良さ、楽しさがあります」と笑顔を見せた。

 式では日野康志町長が「ふるさとから世界に羽ばたき、地域のために活動してほしい」と激励。新成人を代表して介護福祉士、赤峰敬梧さん(20)が「行動ひとつひとつに自信と責任を持ち、社会人として歩んでいく決意です」とあいさつした。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ