藤蔭高が甲子園報告 日田市長ら健闘たたえる

西日本新聞 大分・日田玖珠版

原田啓介市長に報告をする前主将の松尾将さん(中央) 拡大

原田啓介市長に報告をする前主将の松尾将さん(中央)

 第101回全国高校野球選手権大会(兵庫県・甲子園球場)に県代表として出場し、初戦で惜敗した日田市の藤蔭高野球部が16日、市役所で原田啓介市長らに結果を報告した。市長らは、夢の舞台に挑んだ部員たちの健闘をたたえた。

 2年連続で甲子園に挑んだ藤蔭は、8日の1回戦で伝統校の明徳義塾(高知)と対戦、惜しくも4-6で敗れた。チームを率いた前主将の松尾将さん(3年)は「甲子園で校歌を響かせられず悔しい。夢の舞台でプレーできたのは皆さんのおかげで感謝しています」と語った。

 原田市長は「落ち着いて前向きに試合をしていると思った。皆さんは市民にとって大きな誇り。感動をありがとう」と部員たちをねぎらった。市議会の石橋邦彦議長は「リードを許しても諦めずに点を取り返すなど、すばらしい攻防だった。皆さんの頑張りに敬意を表したい」と話した。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ