【やさしい日本語】「おぼん」の やすみが おわる

西日本新聞

8(がつ) 13(にち) から  8(がつ) 15(にち) は、「お(ぼん) 」でした。

(ぼん) では、(ちち) と  (はは) の  (いえ) や  兄弟(きょうだい) の  (いえ) に  家族(かぞく) みんなが  (あつ) まります。

そして(まえ) に  () くなった  家族(かぞく) のために、(いの) ります。

仕事(しごと) を  する(ひと) は、1週間(しゅうかん) ぐらい、(やす) みを  とることが  (おお) いです。

そして、じぶんの() まれた  (まち) に  () きます。

そこで、(おや) 兄弟(きょうだい) と  () います。

ですから、たくさんの(ひと) が  電車(でんしゃ) や  飛行機(ひこうき) に  () ります。

(ぼん) の  (やす) みが  おわります。

8(がつ) 17(にち) は、たくさんの(ひと) が  じぶんの  (いえ) に  もどりました。

(えき) や  空港(くうこう) では、おみやげを  () った  家族(かぞく) で  () みました。

福岡(ふくおか) () から、  長野(ながの) () まで  (もど) る  男性(だんせい) は「家族(かぞく) が  (あつ) まりました。にぎやかで  (たの) しかったです」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

PR

PR

注目のテーマ