妊娠しても・・・繰り返す流産 「不育症」 孤立する当事者 複雑な感情、全国アンケで浮き彫り 公的支援求める声も

西日本新聞 医療面

詠田由美医師 拡大

詠田由美医師

3度の流産を経て、長女梨紗ちゃんを出産した大本絢子さん。不育症の女性も多くが出産に至っている

 妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す「不育症」。社会的な認知度が低く、専門医も乏しい中、出産前にわが子を失ってしまう当事者は深い悲しみに包まれ、孤立しがちだ。当事者グループ「不育症そだってねっと」が実施した全国規模のアンケートで、そんな苦悩が浮き彫りになった。今、求められる支援とは-。

 アンケートは不育症に悩む人々の声を社会に届けようと、全国に拠点を持つ同グループが昨年12月~今年4月に実施。インターネット上で23項目を尋ね、367人が回答を寄せた。

 当事者たちは希望に満ちた妊娠生活から一転、赤ちゃんとの別れに直面する。つらかったこと(複数回答)を問うと、「自己嫌悪」が285人(78%)で最多。次いで「出産できた人へのねたみ」「家族への申し訳なさ」などが目立った。

 言われてつらかった言葉は「また次頑張ろう」「まだ若いから大丈夫」「何が悪かったの?」「早く元気になって」など。周囲の励ましが当事者を傷つけかねない状況がうかがえた。

 夫に求めることとして「流産した子どもを忘れないでほしい」「妊娠が恐怖でしかない。死産したときは『もう子どもはいらない』と言ってほしかった」などが挙がった。わが子への愛着を感じながらも、妊娠すること自体が不安になる複雑な感情がにじむ。

 不育症に関しては公的医療保険適用外の検査や治療が多く、専門相談窓口や治療費助成もまだまだ少ない。無事に出産していた人は回答者の7割。出産までにかかった治療費・薬代は「3万円以下」(58人)が最も多かったものの、「10万~20万円」も49人、「100万円以上」を費やした人も25人いた。

 行政に求めるサポートは検査費、治療費の助成や保険適用が約9割を占めた。他に「産婦人科医や助産師に知識を身に付けてほしい」「専門病院の増加」などの要望もあった。同グループの工藤智子代表=神奈川県=は「わが子を授かることができないのは不妊症と同じ。国や行政には、もっと支援に力を入れてほしい」と求めた。

PR

PR

注目のテーマ