中国、国産アニメ急成長 国が支援 2.6兆円市場に 「多額投資、成功例は一部」

西日本新聞 国際面

上海のイベント会場では、カメラを抱えた漫画・アニメファンが至るところでコスプレイヤーを囲んでいた=6月 拡大

上海のイベント会場では、カメラを抱えた漫画・アニメファンが至るところでコスプレイヤーを囲んでいた=6月

中国アニメ「魔道祖師」のコスプレで友人と一緒にポーズを決める寿藍さん(中央)。「服飾の勉強になるので親も応援してくれる」という=6月、上海市 日本でも人気上昇中の中国漫画「非人哉」 日本でも人気の中国漫画「一人之下」。テンセントのサイトでも閲覧者は多い お気に入りのキャラクターに囲まれるアニメ制作会社社長の肖迪氏。「好きなアニメに関わる仕事ができて本当に幸せ」と語る=7月 京都アニメーションの被害者への追悼を込めて白黒になったビリビリ動画のサイト

 漫画やアニメと言えば、中国でも日本の作品がダントツの人気…と思いきや近年は中国国産が存在感を増しているという。確かに動画サイトには国産アニメがずらりと並び、日本の有名作品をしのぐ人気のアニメ映画も出てきた。台頭著しい中国漫画・アニメの世界をのぞいてみた。 (上海、大連で川原田健雄)

 6月上旬、上海市で開かれた漫画・アニメのイベント「COMICUP24」。2日間で計約12万人が訪れた会場は、アニメの登場人物に扮(ふん)したコスプレーヤーであふれていた。

 「これは日本のゲーム『フェイト』の衣装。かわいいキャラクターになりきるのが楽しい」。地元の高校1年、鄒紫帆さん(15)はコスプレにハマって1年半。最近気になるのは日本でも放映された中国アニメ「狐妖小紅娘」(邦題・縁結びの妖狐ちゃん)という。「絵もストーリーも日本に負けないレベルですよ」

 服飾デザイナーの寿藍さん(22)は伝統服「漢服」のような衣装を着て友人と写真を撮り合っていた。古代中国を舞台にした「魔道祖師」のキャラだ。「中国アニメのコスプレは初めて。漫画やアニメは子どもが見るものと言われてきたけど、今は大人が楽しめる作品も多い」と語った。

 中国の調査会社の報告書によると、2018年の国内漫画・アニメ産業の規模は1712億元(約2兆6千億円)。13年の882億元から倍近くに膨らんだ。急成長を支えるのが人気作品を次々と生み出す専門ポータルサイトだ。

 大手IT企業、騰訊控股(テンセント)が運営する「騰訊動漫」はその一つ。登録読者は1億5千万人と日本の人口を上回る。同社によると、編集部は送られてきた新作漫画などを選別した上で無料掲載。閲覧数などを参考に人気作を有料化し、人気が続けばアニメやゲームに展開する。

 「サイトを通じて優れた作家を見つけやすくなった。中国人作家は国内読者の好みや心情を心得ており、それが国産が増える一因になっている」と漫画・アニメ事業の責任者、鄒正宇さんは説明する。サイト上で公開しているアニメは2万7千作品。閲覧数が1億回を超える漫画は千作品に及び、うち200作品は10億回超の閲覧数を誇る。

 急成長の背景には国を挙げた取り組みもある。中国では1978年の改革・開放後、日本や米国のアニメが大量に流入した。しかし、中国政府は04年に国産アニメ育成のため海外作品のテレビ放映を制限し、その後、国産の割合がアニメ放送の7割を下回らないよう規定。08年には午後5~9時に海外アニメの放送を禁じた。

 暴力や性的な表現の取り締まりも厳しい。15年には「進撃の巨人」「デスノート」といった日本アニメの38作品が「血なまぐさい描写が多い」などの理由でネット配信を規制された。

 一方、中国企業には税の優遇措置や奨励金提供など支援策を展開し、国産作品づくりを後押ししている。

 同じように海外作品を制限するアニメ映画では、国産のヒット作も生まれている。中国の神話に登場する〓(口ヘンに那)〓(口ヘンに託のツクリ)が主人公の国産3Dアニメ「〓(口ヘンに那)〓(口ヘンに託のツクリ)之魔童降世」は7月下旬の公開以降、40億元超の興行収入を記録。6月に公開された宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の約5億元を大きく上回った。

    ◇   ◇

 勢いづく中国の漫画・アニメ産業だが、地方に目を向けると課題も見えてくる。「国産アニメには多額の資金が投じられるが、回収できるのは一部にすぎない」と四川省成都市でアニメ雑誌を発行する栗巍さんは指摘する。関連グッズは大きな収入源だが「イメージ通りに作れるデザイナーや工場が少ない」と明かす。

 遼寧省大連市のアニメ制作会社、大連博涛文化科技股〓(人ベンに分)有限公司の肖迪社長は「国産のほとんどは1話や1シーズンで消えていく」と嘆く。中国には日本のような幅広い年齢層に応じた漫画雑誌がない。「10~20年と連載して分厚い漫画ファンを築く仕組みがないから、アニメ化しても人気が続かない」と分析する。

 大連博涛は2011~13年、日本のアニメやゲーム関連の仕事が7割を占め、売り上げは年2千万元に上ったが、今は大半が中国関連。中国アニメの取引が伸びたのではなく、人件費高騰などで日本からの受注が減ったのが原因という。テーマパークのドーム型シアター運営など、アニメ制作以外で利益を確保しているのが実情だ。従業員もピーク時の約400人から半減した。

 それでも長年、下請けを続けてきた同社にとってオリジナル作品は夢だ。肖氏自ら総監督となって少年少女が恐竜のいる惑星で冒険するアニメを制作中で、来年にも公開する。「アニメ制作はマラソンと同じ。熱い気持ちで走り続けないと良い作品はできない。私たちにはその覚悟がある」と肖氏は力を込めた。

■「自由な表現」制限 同性愛題材作家に実刑

 漫画・アニメ産業の発展は、個人の創作意欲もかき立てる。湖南省長沙市の女性は中学生の頃、中国の漫画雑誌に作品を投稿したが、返事がなく、漫画家への道を諦めていた。再びペンを執ったのは2016年。ネット上であふれるオリジナル漫画を見て「自分の物語を自由に描いてみたい」という思いを抑えきれなくなり会社勤めを辞めた。

 「悪魔吃〓(火ヘンに考)鴨(悪魔がアヒルを食べる)」のペンネームで最初に描いた漫画は、古代中国を舞台にした医者とヘビの妖怪の物語「妖災生」。男性同士の恋愛を描いたボーイズラブ(BL)だが、短文投稿サイト「微博」で公表すると高い画力と独特の雰囲気が人気を集めた。「妖災生」を含む数点が日本語に翻訳され、日本の漫画投稿サイトでも人気上位にランクイン。中国の漫画サイトから声を掛けられるようになった。

 ただ「表現の自由」が制限される中国では「同性愛」も規制対象となる。18年秋にはBL小説家が「違法出版物で多額の収入を得た」として一審で懲役10年6月の実刑判決を受けた。女性は、男性同士のキスシーンをネットに掲載しないなど自制。「規制強化で性の問題は物語の重要な要素にできなくなった」と明かす。今は規制を受けないようアンドロイドと人間の関わりを描いたSF漫画をネットで連載しているものの、気持ちは揺れる。「次はBLを描くと思う。やっぱり好きだから」

 ネットで中国漫画・アニメを日本向けに紹介する「中国漫画館」のスタッフ、籠川可奈子さんによると、BL漫画がアニメやドラマになる際、男性カップルが男女に置き換えられたり、男性同士の恋愛が友情に設定変更されたりするケースもあるという。「噴飯ものだけど怒っても仕方ない。描きたい、読みたいというニーズがある限り、BLを含めた多様な作品はなくならない」と話した。

■京アニ追悼 中国からも

 放火殺人事件で35人が犠牲になったアニメ制作会社「京都アニメーション」は、中国でも「京阿尼」の愛称で知られており、事件発生から1カ月たった今もインターネット上には追悼や支援の声が絶えない。

 7月18日の発生直後から、短文投稿サイト「微博」には「世界のアニメ界の損失だ」など悼む声が相次いだ。大手動画共有サイト「ビリビリ動画」は日本アニメコーナーに「Pray for 京阿尼」の文字を掲げ、弔意を表して画面を白黒にした。ネット上では「京アニのサイトから有料作品を買おう」との呼び掛けや、支援メッセージを送る動きも広がった。

 遼寧省のアニメ制作会社、大連博涛は事件5日後、海辺で被害者を追悼する催しを開催。スタッフ8人が京都の方向に向かって哀悼をささげた。参加した徐錚さんは「志半ばで命を落とした方々のことを忘れずに、アニメ制作に励んでいきたい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ