離島甲子園、対馬で開幕 全国中学25チーム参加

西日本新聞 長崎・佐世保版

 「離島甲子園」で知られる「全国離島交流中学生野球大会」が19日、対馬市で開幕した。20日から22日まで、市内4会場で全国9都県の25チームが頂点を目指し、熱戦を繰り広げる。県勢は5チームが出場する。

 開会式では、対馬ヤマネコボーイズの高松翔キャプテン(15)が「全力で戦い、夏の最高の思い出にします」と選手宣誓。大会提唱者で元プロ野球選手の村田兆治さん(69)が「人は誰でも人生という大切なマウンドに立っている。簡単に降板するわけにはいかない。力の限りを尽くしてください」と激励した。

 離島甲子園は2008年から各地の離島で開催。期間中、敗者チームによる交流試合や、プロ野球OBでつくる「まさかりドリームス」の野球教室もある。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ