【動画あり】手笛の新奏法「ハンドフルート」 発明者直伝の“魔法”の音色響かせ 熊本の奏者・高山大知さん

西日本新聞 夕刊

 楽器を使わず、両手を組んで作った空洞に息を吹き込んで笛のような音を鳴らして音楽を奏でる奏法がある。「ハンドフルート」と呼ばれる手笛の新奏法。熊本県八代市の高山大知さん(26)はこの奏法を発明した音楽家に師事して奏者となり、主に九州で活動。癒やしの音色を響かせ、まだ認知度が低い奏法の普及にも取り組む。

 <ハンドフルートの奏法を説明し、モンティ作曲「チャールダーシュ」を演奏する高山大知さん>

 ハンドフルートを考案したのは東京の音楽家、森光弘さん(36)。幼少期に覚えた手笛を基に手を動かして音階を鳴らす奏法を独自に開発した。東京音楽大在学中の2003年に学内で発表。奏でる音域は3オクターブに及ぶ。大学を卒業した05年にピアノとのデュオ「チャイルドフッド」を結成し、ハンドフルートと命名、生みの親となる。

 森さんは08年、民放情報番組に「世界でただ1人⁉ フルートを使わないフルート奏者」として登場。透き通った音色で複雑な旋律も軽やかに奏でる技を披露し、タレントら出演者らを驚かせた。当時中3の高山さんも番組を視聴、高山さんは「歌うように手笛を操るなんて。まるで魔法のようだった」と振り返る。

 高山さんは番組を見て早速試すと「ホー、ホー」と鳴り、それから森さんのインターネット動画を徹底研究。音階が鳴らせるようになり、高1のとき学校行事で初披露した。翌年に上京し、コンサートで森さんと対面して以来、交流が始まり、平成音楽大(熊本県御船町)在学中から師事。3オクターブを奏でるまでになる。
 

PR

PR

注目のテーマ