デコポンビール開発 宇城市が熊本市で試験販売

西日本新聞 熊本版

 宇城市は市特産のデコポンを原料にしたクラフトビール「うきよなビール」を開発し、熊本市中央区安政町の蔦屋書店熊本三年坂店内、カフェレストラン「三年坂モリコーネ」で試験販売している。クラフトビール専門店「ウイッチクラフトマーケット」(大津町)との共同開発で、来年3月ごろの商品化を目指す。

 宇城市によると、炭酸控えめでとろみを感じさせ、苦みを抑えた。デコポンのかんきつ系の味とほのかな香りもするという。命名は「浮世な(楽しい)気分で宇城市のビールを飲んでほしい」という意味を込めた。

 試験販売は、生ビールをグラスで提供する。1杯700円(税抜き)。今月末ごろまでの予定。

 商品化後は宇城市の認知度向上に役立て、ふるさと納税の返礼品としても活用する。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ