大韓航空が日本便大幅削減 福岡-釜山半減 週7便に

西日本新聞 総合面

 【ソウル池田郷】大韓航空は20日、日韓関係の悪化による需要減を理由に日本路線の運航を大幅に削減すると発表した。9月16日からの関西-釜山線運休を皮切りに6路線を運休、5路線を減便する。九州では鹿児島-ソウル(仁川)線が9月29日~11月16日に運休、福岡-ソウル(同)、釜山線は減便する。

 計画では、福岡-ソウル線は10月27日~11月16日に現行の週28便から週21便に減らし、週14便運航する福岡-釜山線も9月29日~11月16日、週7便に半減。九州以外でも成田-釜山線や関西-ソウル(同)線などが対象となっている。

 大韓航空は日本政府が対韓輸出規制強化を発表した7月に札幌-釜山線の運休を発表していたが、今回、大幅に運航を見直した。日本路線を縮小する一方で、ベトナムなどの東南アジアのほか、中国、韓国内の路線を拡充して競争力の強化を図る方針。

 韓国では、日本の輸出規制強化への反発から訪日を自粛する動きが依然続き、世論調査会社が19日に発表したアンケートの結果では「年内に日本を旅行するつもりはない」との回答が8割を超えた。韓国系のアシアナ航空や格安航空会社(LCC)でも運休・減便が相次いでいる。

PR

PR

注目のテーマ