日本郵便、二重払いや無保険10万件 アフラック委託のがん保険 制度の不備が原因、現在も販売

 日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件に上ることが分かった。西日本新聞はアフラック社が日本郵便に提出した内部資料を入手した。いずれも旧保険から新しい保険に乗り換え契約する際に発生し...

残り 1108文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR