第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

王位戦第4局 木村、端攻めに転じる

西日本新聞 夕刊

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は21日午前9時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれた。

 両対局者が前日の棋譜を再現した後、立会人の久保利明九段が木村の封じ手(45手目)を開封。「5六歩」と読み上げ、2日目の対局に入った。

 前日に豊島が放った9二角の威力を緩和する狙いで、木村は続いて1五歩(47手目)と端攻めへ。豊島は4七角成(56手目)と馬を作って圧力をかけるが、木村は1三歩成(57手目)と踏み込み、1筋で攻防が続いた。木村が8八玉(67手目)と囲いに入ったところで昼食休憩となった。

 副立会人の阪口悟六段は「木村九段は1筋で桂得の成果を挙げ、まずまずではないか。ただ、歩切れで一気には攻め切れない。豊島王位は反撃の機会をうかがいたい」と話した。

 21日夜までに決着する見通し。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ