トミー選手 柳川キャンプ バヌアツ卓球五輪代表候補

西日本新聞 筑後版

 南太平洋の島国バヌアツ共和国の東京五輪女子卓球代表候補プリシラ・トミー選手(30)が、柳川市を拠点に21日から3カ月の日程で事前キャンプ(トレーニングキャンプ)している。22日、柳川市役所に金子健次市長を訪ね、「4歳の娘を国に残しており寂しいが、柳川の人は親切で笑顔がすてきな人ばかり。この地のキャンプで力を付けたい」と意気込んだ。

 トミー選手は11歳で卓球を始めた。南太平洋諸国が参加した7月の総合競技大会「パシフィックゲームズ」で単複、団体で金メダルを獲得。バヌアツの東京五輪代表候補となっている。北京(2008年)、ロンドン(12年)にも出場しており、東京に出場すれば3度目の五輪となる。

 柳川市、みやま市、みやこ町、築上町は、オセアニアオリンピック委員会加盟の15カ国・地域の事前キャンプなどを支援するホストタウン。トミー選手は柳川市内のホテルに宿泊し、柳川高を拠点に県卓球協会関係者の指導を受ける。

 金子市長は「柳川はソウル、バルセロナ五輪に出場した渡辺武弘選手を輩出するなど卓球も盛んな土地柄。いいキャンプになるよう最大限お手伝いしたい」と激励した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ