特別展「三国志」

西日本新聞 もっと九州面

一級文物「揺銭樹」=後漢時代・2世紀広漢市文物管理所(広漢市博物館)蔵 拡大

一級文物「揺銭樹」=後漢時代・2世紀広漢市文物管理所(広漢市博物館)蔵

 10月1日(火)~2020年1月5日(日)、福岡県太宰府市の九州国立博物館。魏の基礎を作った曹操が祭られる墓とほぼ断定された曹操高陵からの出土品を海外初展示する。

 歴史書「三国志」や小説「三国志演義」だけでなく、2008~09年の曹操高陵発見など近年の考古学的研究を背景に、生活や文化を含めた新たな三国志像を紹介する。曹操高陵出土品では日本の国宝に当たる一級文物で、曹操が使ったことを示す「魏武王(ぎのぶおう)常所用(つねにもちいるところの)挌虎大戟(かくこだいげき)」と刻まれた石牌(せきはい)(石の札)などを展示。蜀の墓から出土した青銅製の一級文物「揺銭樹(ようせんじゅ)」(金のなる木)と台座も興味深い。同館では初めて全作品を写真撮影できる。

 一般1600円、高大生千円、小中生600円。前売りは各200円引き。NTTハローダイヤル=050(5542)8600。

PR

PR

注目のテーマ