佐伯の「ごまだし」全国区に 魚の“命”調味料に

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 佐伯市鶴見にある「漁村女性グループめばる」。メンバー4人の小さな合同会社が、佐伯の漁師の家庭に伝わる調味料「ごまだし」を全国区に押し上げるけん引役となっている。発足から15年。漁師の妻たちが抱く海への愛着と、そこで捕れる魚への絶対の自信が小所帯の原動力だ。

 元ブリ養殖場だったという製造所の敷地には、ごまだしの瓶詰が荷造りされ出荷を待っていた。6~7月にテレビの全国放送で紹介されて注文が激増し、週2千本と通常の4倍もの生産に追われているという。「忙しゅうて目が回りそうじゃわ」。代表の桑原政子さん(70)は、首に巻いた手ぬぐいで汗をぬぐうと人なつこい笑顔を見せた。

 ごまだしは焼き魚の身をほぐしてゴマを合わせ、しょうゆやみりんで味付けしペースト状にしたもの。ゆでたうどんと熱湯にごまだしを加える「ごまだしうどん」は即席麺としてだけでなく、佐伯では酒の後の締めとしてもポピュラーだ。

 この漁村フードが今、和・洋に幅広く使える万能調味料として、プロの料理人からも注目される存在となっている。めばるは、2012年に日本野菜ソムリエ協会のコンテストで最優秀賞を取った他、14年には農水省の「料理マスターズ」による認定品に選ばれるなど、その評価は高い。

     ◇      ◇ 

 鶴見は県内一の水産基地で年間約1万7千トン(18年度)の水揚げを誇る。主力はサバやアジなどを捕る巻き網漁業で桑原さんの夫も巻き網漁師だ。帰港する船を迎えるときの美しい朝焼け、大漁の喜び-。「漁業は感動に満ちた仕事だ」と桑原さんは語る。だが魚が市場で売れ残ったりセリに間に合わなかったりして、捨てられるのも見てきた。

 「もったいない。せっかくの命を一つも無駄にしたくない」。この思いで04年に漁師の妻仲間6人で「めばる」を立ち上げた。

 最初は活魚の水槽をトラックに積んで佐伯や大分市で売っていた。ところが、消費者の多くが魚をさばけず旬も知らないなど「魚食文化の危機」にがくぜんとする。魚のおいしさをもっと知ってもらおうと加工品に転換したのが、ごまだし作りの発端だ。

     ◇      ◇ 

 「“おばちゃんグループ”ではなく企業としてやっていく」。その覚悟で東京や福岡など大消費地のフードショーや商談会に足しげく出掛け、各地のグルメイベントにも積極的に参加する。使う魚は桑原さんの息子が社長を務める船団が捕るアジと、鶴見の市場に揚がるタイ、エソ、シイラ。新鮮な原料を厳しい衛生管理の下で加工する。

 「初めはいろいろ失敗もした。福岡市のお店に発送漏れがあって、あわてて自分で高速道路を飛ばして届けたこともある」。こうして培った信用と品質で、徐々に取引先を開拓した。約10年前に東京・銀座の食品店へ進出を果たし、14年には大手出版社からごまだし料理のレシピ本も出した。

 「魚の臭みが苦手という人がいるが、新鮮な魚は臭くなんかない。アジにはアジの、タイにはタイの香りがある」。ごまだしをきっかけに魚のおいしさに気付いて、自分で魚をさばき料理する人が1人でも増えてほしい。そう願って、きょうもごまだし作りに精を出す。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ