25メートル「灯籠タワー」に明かり 江迎千灯籠まつり始まる

西日本新聞 長崎・佐世保版

 約500年の歴史がある江迎千灯籠まつり(江迎町千灯籠奉賛会など主催)が23日、佐世保市江迎町で始まった。夜になると、高さ25メートルの「灯籠タワー」に明かりがともった。

 約3500個のちょうちんをピラミッド状に積み上げた灯籠タワーは、まつりの呼び物。沿道のちょうちんを合わせ、約1万個の光が夏の夜を彩った。

 日中は子どもたちがみこしに載せた木彫りの地蔵を担いで練り歩き、沿道の人たちが水をかけて無病息災を祈願した。

 まつりは24日まで。午後9時すぎから約千発の花火が上がる。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ