「ダンスの甲子園」初制覇 創部7年目の柳川高ダンス部

西日本新聞 筑後版

 柳川市本城町の柳川高ダンス部が、15日に横浜市であった「第12回日本高校ダンス部選手権」のスモールクラス(1チーム2~12人)で初優勝した。

 同選手権は「ダンスの甲子園」とも呼ばれ、スモールクラスには地区予選を勝ち抜いた全国の50チームが出場。3年の馬場未侑(みゆ)部長(17)は「部員の仲が良く、先輩、後輩に関係なく意見を言えるのが特徴。信じられないほどうれしい」と話した。

 同高ダンス部は創部7年目。部員数は23人(女子18人、男子5人)と全国レベルのダンス部としては少ない。大会では、激しい動きから突然静止しポーズを取る「ロックダンス」を披露した。

 衣装は保護者らの手作り。「柳川市の代表として踊ろう」と、市章を右肩から縦に3個配置した。

 22日に市役所を訪れ、金子健次市長に優勝を報告した。古賀賢校長は「『やるなら目指せ日本一、日本初』という本校の精神を体現してくれた。柳川を全国に発信することもできた」と部員の頑張りをたたえた。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ