熊本県知事選、幸山氏出馬へ 前熊本市長

西日本新聞 総合面

幸山政史氏 拡大

幸山政史氏

 来年4月15日に任期満了を迎える熊本県知事選を巡り、前熊本市長の幸山政史氏(54)が23日、熊本市で開かれた後援会の会合で「県政に新たな発想の施策が必要だ。来春、知事選に挑戦したい」と述べ、立候補する意向を表明した。次の知事選への出馬表明は幸山氏が初めて。

 幸山氏は会合で、政令市昇格など市長時代の実績を挙げ「県全体で人口が減り、熊本地震の復興特需も底を突き、岐路に立たされている。明るい未来へ全身全霊を注ぐ」と語った。

 幸山氏は熊本市出身。銀行員、県議を経て、2002年の市長選で初当選し3期務めた。16年3月の前回知事選に立候補したが、現職の蒲島郁夫氏(72)に敗れた。

PR

PR

注目のテーマ