熊本地震、阿蘇噴火に影響 九大チーム調査

西日本新聞 一面

 2016年4月の熊本地震が、同年10月に爆発的噴火が起きた熊本県・阿蘇山の中岳の火山活動に影響を与えていたことが、九州大大学院の辻健教授(物理探査)らの研究チームの調査で裏付けられた。地下のマグマや火山ガス、熱水など流体の動きを示すとされる火山性微動の発生区域が地震後に突然移動したことを突き止めた。熊本地震と阿蘇山噴火の関係を科学的に明らかにしたのは初めてという。

 11年の東日本大震災後、複数の火山の活動が活発になった。阿蘇山・中岳でも、熊本地震の本震が起きた16年4月16日、ごく小規模な噴火が発生。同年10月8日には36年ぶりに爆発的噴火が起きるなど、地震と火山噴火の関係性は指摘されてきた。一方で「科学的なデータで関連付けることはなかなかできなかった」(辻教授)という。

 辻教授らは地震計のデータから火山性微動の波形を解析し、15~16年に発生した1万8千の微動の地点を正確に特定することに成功。それによると、中岳火口周辺では火口から南東2~3キロ、地下約1キロの区域周辺で微動が起きていたが、熊本地震直後、突然南西側に移動。その後、9月ごろに元の南東側に戻った。

 辻教授は発生区域の移動は、熊本地震による断層のずれに伴い、地表が引っ張られ、南西側に新たな流体の抜け道ができたことが原因と分析。その後、マグマの動きが活発になって抜け道がふさがれ、元の南東側に移動したとみられる。

 発生区域が南東側のときは、断続的に噴火が起きていたが、南西側に移動後は落ち着いていた。熊本地震で移動した発生区域が元に戻り、異常な状態が解消されたことで中岳の噴火に至ったと考えられるという。

 中岳は今年に入り断続的に噴火が発生。噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を継続しており、活動が活発な状況が続く。辻教授は「さらに長期間のデータを解析し、火山性微動の発生区域を特定することで、今後の火山活動の予測につなげていきたい」と話している。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ