神戸市でPTAフォーラム 在り方や課題を議論

西日本新聞 社会面

 PTAの在り方や課題について考える「PTAフォーラムin神戸~取り戻そう、自分たちの手に~」が24日、神戸市で開かれた。全国のPTA関係者ら約100人が参加。学識者による講演のほか、少人数のグループに分かれて任意加入やくじ引きによる役員選定、地域との連携などについて活発に意見を交わした。

 西日本、朝日、毎日、北海道、東京、中日、熊本日日の7紙の記者有志でつくる実行委員会が、気軽に対話できる場を設けようと企画した。5月の東京開催に続いて2回目。

PR

PR

注目のテーマ