自国ファースト「韓国大統領も」 額賀日韓議連会長

西日本新聞 総合面

 超党派でつくる日韓議員連盟の額賀福志郎会長は25日、長野県軽井沢町であった自民党竹下派の研修会で講演した。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた韓国の文在寅大統領の政治姿勢について「自国ファースト、自国の選挙を優先していることに私たちは心しなければならない」と強い懸念を示した。

 北朝鮮のミサイル発射や中国、ロシアの脅威を指摘し「北東アジアは軍事的な緊張、地政学的リスクが高まっている。日米韓の緊密な連携が必要だ」と述べ、日韓関係の修復の必要性を訴えた。

 日本政府の対韓輸出規制強化については「国際秩序を破壊する集団や国家に情報や兵器が渡らないように、安全保障態勢をお互いきちんとしようという問題提起だ。韓国が言うような報復措置ではない」と妥当性を強調。「こうしたメッセージを韓国だけでなく、国際社会に理解されるようにあらゆるパイプで働き掛けを強めなければならない」と呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ