沢田秀雄氏を佐世保名誉市民に HTB再建に貢献 審議会が市長に答申

西日本新聞 長崎・佐世保版

 佐世保市の名誉市民審議会(会長・中島憲一郎長崎国際大学長)は26日、ハウステンボス(HTB)を再建した沢田秀雄氏(68)を名誉市民に選定するよう朝長則男市長に答申した。9月の市議会に関連議案が提出される見通し。

 沢田氏は旅行大手エイチ・アイ・エスの会長兼社長で、2010年、経営危機に陥っていたHTBを傘下に収めた。9年間にわたって社長を務め、大規模なイルミネーションや花火のイベント、最新技術のアトラクションを次々に導入。業績をV字回復させ、佐世保市の観光客を大幅に増やした。今年5月、HTB会長に就任した。

 中島会長は「街の知名度を高めるなど、佐世保への貢献が大きかった」と説明した。審議会で異論はなかったという。

 佐世保市の名誉市民は、佐世保重工業(SSK)の経営再建に尽力した元日本商工会議所会頭の永野重雄氏、ノーベル化学賞を受賞した下村脩氏ら11人。 

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ