福岡市の川にアカエイ多数目撃 尾に毒 注意呼び掛け

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡市の樋井川など複数の河川で、エイの目撃情報が会員制交流サイト(SNS)に投稿されていた。中には群れで泳いでいたという情報も。エイは海で生活すると思っていたが…。

 目撃情報が多かったのは同市中央区の今川橋や草香江橋付近。河口から2キロほど上流で、周囲にはマンションが立ち並ぶ閑静な住宅街だ。現場に向かうと、川の中で泳いでいる姿を早速発見。1時間ほど川沿いを歩いただけで20匹以上を見つけることができた。仕事の休憩中に散歩することが多いという会社員男性(70)は「3年ほど前から見るようになった」と話す。

 九州大農学研究院の鬼倉徳雄准教授に写真を見てもらうと、「アカエイ」と教えてくれた。全長1メートルで、基本的には海に生息するが、河口周辺の海水と淡水が混じり合う汽水域や下流にまで上ってくることがある。夏場は活動が盛んになることに加え、福岡市の河川でここ数年、自然環境に配慮した改修が進み、暮らしやすくなったことも一因かもしれないという。

 ただ、アカエイは尻尾のとげに毒を持っており、鬼倉准教授は「刺されると強いしびれがしばらく続く。その場合はすぐに病院に行くように」と注意を呼び掛ける。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ