街路樹が車直撃、重傷 北九州市が賠償 2250万円、議案提出へ

西日本新聞 夕刊

 北九州市は27日、折れた街路樹が車を直撃し車内で重傷を負った60代男性=同市=に対して、街路樹を管理する市が約2250万円の損害賠償を支払い、和解することを明らかにした。市議会9月定例会に関連議案を提案する。

 事故は昨年5月、同市小倉南区北方2丁目で発生。根元が腐食した街路樹(高さ約10メートル、幹回り約1・2メートル)が車道側に倒れ、男性が運転する乗用車のフロントガラス付近を直撃。男性は腰の骨を折るなど全治8カ月の重傷を負った。市側は「市が十分に管理、調査していれば危険を取り除けた」として治療費と慰謝料に約2070万円、車両修理などとして約180万円を支払うことで被害者と合意した。

 市は、事故を受けて約4千本の街路樹の緊急点検などを実施。今年3月までに倒木の危険性がある街路樹220本と、公園の敷地内にある樹木58本を撤去している。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ