【動画あり】秋雨前線停滞、九州北部に大雨 災害の危険高まる

西日本新聞 一面

 秋雨前線の影響で、九州北部地方は27日、各地で断続的な大雨となった。長崎県北部や対馬市、佐賀県唐津市では、レーダー解析で1時間に推定約110~120ミリの猛烈な雨が降り、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表した。28日も昼前にかけて局地的に猛烈な雨となる恐れがある。

水に浸かった福岡県久留米市北野町高良のコスモスパーク

 大雨が降りやすい気象状況は数日続く見通し。福岡管区気象台と国土交通省九州地方整備局は27日夜、九州北部で災害発生の危険性が高まっているとして緊急の記者会見を開き、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象台によると、対馬海峡付近に停滞した秋雨前線に向かって暖湿気が入り、東シナ海では発達した雨雲が次々に発生。この雨雲が固まりや帯状となって九州北部に断続的に流れ込んでいる。27日午後8時までの総雨量は佐賀県伊万里市263・0ミリ、長崎県松浦市254・0ミリ、福岡市早良区186・0ミリ、大分県日田市114・0ミリに達した。

 前線は28日朝には九州北岸まで南下。同日昼前までは多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。同日夜までに予想される24時間雨量は佐賀、長崎250ミリ▽福岡200ミリ▽熊本、大分180ミリ。29日夜までの24時間は九州北部100~150ミリ。

 大雨のピークは29日午後にいったん越えるが、前線は31日ごろまで九州北部付近に停滞し、ぐずついた天気が続く見通し。日本気象協会九州支社の松井渉気象予報士は「前線の動きが鈍く、まるで梅雨末期のような状態。同じ場所で大雨が続き、土砂災害の危険性が日増しに高まる」と危機感を強めた。

PR

PR

注目のテーマ