【動画あり】九州北部で豪雨、2人死亡 1人心肺停止 88万人避難指示

西日本新聞 夕刊

 対馬海峡付近に停滞する秋雨前線の影響で、九州北部地方は28日も記録的な大雨となり、気象庁は、福岡県筑後地方の14市町村、佐賀県の全20市町、長崎県の7市町に大雨特別警報を発表した。佐賀県武雄市では軽乗用車が流され、50代の男性が死亡。福岡県八女市でも車が流され、男性(84)が亡くなった。佐賀市では水路に軽乗用車が転落し、車内の女性が心肺停止に。3県の19市町村では午前10時現在、計約37万700世帯、88万2800人に避難指示が出ている。緊急の記者会見を開いた福岡管区気象台は「これまで経験したことのないような大雨になっている」として、命を守るための最善の行動を呼び掛けている。

道路が崩落した福岡県八女市星野村の現場

 早朝から「記録的短時間大雨情報」の発表が相次いだ佐賀県では午前5時15分ごろ、同県武雄市武雄町武雄の武雄川で「軽乗用車が流されている」と通行人から110番があった。約2時間後、田んぼで水没した乗用車から運転席にいた男性が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。県警武雄署によると、車は走行中に川に流されたとみられる。

 福岡県八女市立花町山崎では午前7時50分ごろ、「車が流されて、中から泳いで避難中の男性が見えなくなった」と119番があった。八女消防本部によると、立ち往生した車から避難する途中に用水路に流されたとみられる。約2時間後、84歳の男性が見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された。

 福岡県内で避難指示が出ているのは、久留米市のほとんどの地区や朝倉市全域など9市町村の17万4722世帯41万1199人。佐賀県内は、佐賀市など9市町の18万180世帯43万3159人が対象。

 気象台によると、九州北部では28日未明、発達した雨雲が連続発生する「線状降水帯」が形成された。降り始めから28日午前10時までの総降水量は、長崎県平戸市509・0ミリ▽佐賀県佐賀市452・0ミリ▽福岡県久留米市392・5ミリ▽大分県日田市277・5ミリ。8月の平年降水量の2倍を超えているところもある。

 前線の停滞は30日にかけて続くとみられ、非常に激しい雨への警戒が必要で、29日正午までの24時間降水量は多いところで、佐賀、福岡、長崎各県で200ミリの見込み。地盤が緩んでおり、30日までは、土砂災害が発生する恐れが高い状態が続く。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ