世界最大の島グリーンランド…

西日本新聞 オピニオン面

 世界最大の島グリーンランド。北極に近く、島の大半は氷河と万年雪に覆われている。10世紀末に「赤毛のエイリーク」という人物がアイスランドで仲間を募り、最初に入植した

▼「グリーンランド(緑の島)」の名はエイリークが付けた。アイスランド(氷の島)より寒いのに、入植者を集めるため、緑豊かな土地のような印象を与える狙いがあったとも

▼現在はデンマークに属するこの島を「金髪のドナルド」が買いたいと言いだした。米国のトランプ大統領だ。北極海と北大西洋をつなぐ要衝であり、北極圏は天然資源も豊富。ロシアや中国が進出を狙っているとあれば、不動産王としても指をくわえてはいられないか

▼まんざら荒唐無稽とも言えない。米国は、ロシアからアラスカ、フランスからルイジアナを買うなどして国土を広げていった歴史があるからだ

▼ただし、西欧列強が世界各地に植民地を持っていた時代の話。現代に通用するはずもない。デンマーク側は「売り物ではない」と一蹴した。腹を立てたトランプ氏は同国訪問を取りやめたというから大人げない

▼グリーンランドは温暖化対策でも重要な場所だ。島の氷が解ければ世界の海面が大幅に上昇するとされる。万が一、環境問題に関心が薄いトランプ氏が買ったら、環境保護も意味する「グリーン」の名は誤った印象を与えよう。いっそ「グリードランド(強欲の島)」にでもすれば。

PR

PR

注目のテーマ