「ガンダム接待」は実在する? 涙、涙のめぐりあい 赤く燃える小倉のマスター <ガンダムを訪ねてin九州 第3話>

 秒速でqBizでのシリーズ化が決まった「ガンダムを訪ねてin九州」。後に分かったことだが、編集長はファースト、Z、ZZまで見ており、その3作への思い入れが熱かったのだ。

 4、5月はガンダムの重大ニュースが相次いだ。「NT」の劇場公開、「閃光のハサウェイ」「UC2」の映像化、「00」の舞台化や続編(?)。いずれも待ち遠しい。ファフナーの続編と甲乙付けがたいほど楽しみだ。NHKの「全ガンダム大投票」のガンダムソングス部門で福岡市出身の森口博子さんが1位と3位に輝いたのも、九州人にとっては朗報だった。

 そんな熱いガンダムシーンとは一線を画し、ガンダムにまつわる場所や人をコツコツと訪ね、その魅力を探る当企画。今回は九州の玄関口、北九州は小倉のガンダムバーを紹介する。(三重野諭)

「サイド6」とまた遭遇「何個あっても大丈夫」

 JR小倉駅南口から徒歩圏内、北九州市の繁華街にある「G BAR SIDE-6」。そういえば、前に訪ねた久留米市(福岡県)のバーも「GUNDAM na BAR SIDE-6」だった。

 「サイド6と名付けたのは、ケンカさせんようにですね(笑)。スペースノイドとアースノイドの命懸けた争いに比べたら、酔っぱらった自分の感情だけで争うなんてしょうもない」

 関西弁の交じるマスターの中原康文さん(49)の説明は、久留米のバーでも聞いたような理由だった。どうやら本州にもサイド6はあるらしい。ちなみに熊本市にある「G BAR SIDE-6」は中原さんが経営するガンダムバーの2号店だ。

 「コロニーは数百基以上ありますから、(サイド6が)何個あっても大丈夫です。お店出すにはちょうどいい名前じゃないかな、と思いまして」。この中立コロニーをつかさどる中原さんからは、確かにケンカしづらい貫禄を感じる。

 やや暗めの照明でほぼカウンターのみ。バーらしい店内。中原さんは美容師(この点も久留米のサイド6と同じ)。かつて北九州市内でダーツバーを2軒経営していたころ、ガンダムバーへの憧れを募らせ、2010年4月にオープンさせた。

【写真:ガンダムバーでは定番サービスともいえる、コスプレも楽しめる。店の奥にはシャアザクがそびえ立つ】

 「(他のガンダムバーを)ネットで見て、『コアなファンを集めたら、絶対に面白いわ』と思いました。どうしてもやりたくなったけど、最初は奥さんにダメって言われて…」。開店に向けて5年ほど、ひそかにガンダムグッズを集めた。

 ガンダムバーにこだわった狙いの一つは”ガンダム接待”だ。

 「ガンダムは男のロマン。ファースト好きな僕らの世代がちょうど、(勤め先では)役職として上になっているはず」。オープンすると、照準通りに熱いファンが部下や同僚を連れてきた。「『ガンダム知ってたら出世するぜ』とか言ってみたりしましたけど、若い子がガンダム知ってたら、ものすごい、かわいがられてますもんね」

 「おっさん連中が張り切ってアニメソング歌ってたら、恥ずかしいじゃないですか。(バーで)堂々と少年に返ってください。堂々とガンダム好きと言ってください。みんな我を忘れて、元気になる。それがすごくうれしかった」

妻の心を動かした「ガンダムおじさん」

 「ガンダムの物語は、何回かんでも味がずっとあるガムみたい。永遠に続く味がある。古いのから新しいのまで語れますし、今でも泣けます。僕の先輩(50代)は涙腺が弱くて、自分で『めぐりあい』を歌っても、人が歌うのを聞いても泣いています」

 そう話す中原さん。当初は開店に泣いて反対したという妻の心を動かしたのは、そんな「ガンダムおじさん」たちだった。

 中原さんは妻に「待ってくれ、ガンダムは違うから。俺を信じて」と訴えた。「奥さんはアニメの世界、『オタク』だけのものやと思ってたんですよ。でも僕は、ガンダムは女性にとっての『ジブリ』みたいなものやと思うんですよ」

 ガンダムは、オタクだけにとどまらない――。それは開店後に証明された。妻が経営する美容室に、社長など役付きのファンから擁護の声が次々と届いたのだ。「ご主人さん、ひょっとしてガンダムバーをされてますか? 実はすごくガンダム好きなんですよ」「『ガンダムは違う』と言った、ご主人の気持ち分かりますよ」

 ガンダムは、違ったんやね――。妻は分かってくれた。「1年後ぐらいですかね、応援してくれるようになりました。おかげで、今があるんですけどね」と中原さんは振り返る。 

 会社員を狙ったバーだけに、値段設定は決して安くはない。「お金をあまり気にせず飲みに来てくれる方を大切にしたかった。お店の格も上がりますし、気持ちよく酒飲んでもらえますし」。客層は男性が9割で、年代は20代〜50代と幅広い。

 「北九州で最初のサブカル系バーやったんで、当初は何時間待ちとか、並ぶぐらいでした」。今では来客数は落ち着いたそうだが、地元企業の同好会「ガンダム部」が店を借り切るなど、熱烈なファンに支えられている。

 人気メニューはグリーンバナナというリキュールをベースにした「GN粒子」。色で勝負のカクテルだ。ショットグラスでジン、ウオッカ、テキーラが三位一体で客を襲う「黒い三連星」もよく出るというが…下戸の私には強敵すぎる。【写真:人気カクテルの「GN粒子」。飲んだらトランザムできるかな】

若井おさむからの…まさかの古谷徹

 そんなジェットストリームアタックよりも、中原さんにとって強烈な出会いがあった。2012年9月、アムロ・レイ役の声優・古谷徹さんが来店したのだ。「前の日に若井おさむさんが来て盛り上がったんですけど、次の日にまさか『本物』が来るとは」

 若井さんもゲストとして参加した古谷さんのトークショーが、小倉で開かれたときのことだった。中原さんは古谷さんのサイン会で「小倉でガンダムバーをやってます」と名刺を渡したという。「まさか、その日に来てくれるなんて」

 古谷さんは店の壁やガンダムのシールドにサインをしてくれただけでなく、あの名ゼリフ(ご想像にお任せします)も披露してくれた。感激のあまり涙を流した中原さんに、「マスター、なに泣いてんの」とアムロばりの甘い声で尋ねた古谷さん。

 中原さんは「夢がかなったんです。そりゃ泣くでしょ」と涙声で返したという。

 シールドにサインが入ったガンダムは今、熊本店のシンボルになっている。「常連の男の子が『やりたい』って。こいつやったら大丈夫」と任せて出した2号店だ。

【写真:古谷徹さんのサインに敬礼するマスター。「店の宝です」】

 厳しい飲食業界。経営面はどうなのか。「小倉店は全然黒字。熊本店は最初だいぶ苦戦しましたけど、今はやっと少し良くなって、トントンぐらい。まだまだ店が知られてないので、もうちょっと頑張らないと」。熊本では特撮ヒーローなどのサブカルバーがしのぎを削っているという。「『熊本は一つで勝負したら駄目』というような話も聞きました」

 信頼のおける常連客をいじったり、カラオケ選手権やガンダムクイズ選手権などの企画を繰り出したり、エンジョイしているように見える中原さん。「お店やってて楽しいばっかり。ストレスを感じないから、店休日なしでやれている」。とはいえ奮闘する姿には、マスターとしてのこだわりも見え隠れする。

 「こんだけグッズを用意しても、僕がクソやったら絶対客は来ないと思います。ブライトさんが一番大事。艦長が大事っす。ヘンケンもジンネマンもそうですけど、いい男にいいやつがついていきますから」

千葉から来店27回、止まらないガンダムトーク

 「かじ取りは良くも悪くも、全部自分の責任。寒いから、雨が降ってるからとか、状況のせいにしない。いかにパーフェクトに近い接客ができるかどうかやと思います」

 取材は盛り上がり、マスターが東方不敗ばりの熱さを見せ始めたころ、負けじと熱い客がバーの扉を開いた。「きょうは世界に数少ないGガンファンを連れてきたよ」。あいさつ代わりのジョークに、かえってGガンダムへの並々ならない愛を感じる。

 小倉は競馬場があり、競馬関係者の来店も多いと聞いていたが、千葉県から出張ついでに来たというこの2人組の30代男性も、競馬関係の団体職員だった。

 「ガンダムSEEDのワードって、競走馬の名前に多いですよ。タンホイザー、ローエングリン、デュランダル。ビームライフルもいましたね」。教えてもらったお礼に、私も最近仕入れた豆知識を披露する。

 「福岡のガンダムバーで中国の方に聞いたんですけど、サイ・サイシーやドラゴンガンダムって中国で人気らしいですよ。張五飛、王留美も人気だそうです」
 「国のデフォルメって良いイメージあまりないけど、中国で認められてるんですね。意外です」

 初対面で、いきなり盛り上がる客と記者。

 「レインの髪形すごい」
 「レインとアレンビーなら、僕はレイン派」
 「レインと結婚したい」
 「やっぱりシャッフル同盟はいい」
 「『君の中の永遠』って名曲」
 「天野由梨さんって、一時声優を引退してましたよね」――。

 「お客さん同士の横のつながりができる」と中原さんが語るガンダムバーの魅力を体感した。2人組のうち、常連の方に「入港証」を見せてもらった。来店1回につき1個押してもらえるスタンプは、27個に達していた。出張があるとはいえ、千葉在住なのになんという入港ぶりなんだ。「ガンダムバー細胞」にでも感染したのか…。

 かくいう私も、会話が止まらない。いつのまにか「デビルガンダムバー」に取り込まれていたのか…。取材を忘れ、小倉の夜はふけていった。

関連記事

PR

PR