10月に建国70年軍事パレード 中国、国威発揚狙う

西日本新聞 国際面

 【北京・川原田健雄】中国共産党と人民解放軍は29日、建国70年を迎える10月1日に記念式典と軍事パレードを北京市の天安門広場で開催すると発表した。軍事パレードは習近平国家主席(中央軍事委員会主席)の下で異例の3回目となる。貿易戦争で対立が激化する米国に軍事面でも対抗する姿勢を示し、国威発揚を図る狙いがありそうだ。

 習指導部は「抗日戦勝70年」の2015年に北京で、軍創設90年の17年に内モンゴル自治区で、それぞれ軍事パレードを実施した。江沢民元国家主席と胡錦濤前国家主席は建国50年、60年に1回ずつ行っただけで、習指導部の多さが際立つ。米中貿易戦争や景気後退など難題が続く中、パレードを通して求心力を高めたい習氏の思惑もうかがえる。

 パレードでは最新兵器も公開予定。核弾頭を複数搭載でき、米本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41」が登場するか注目される。

 29日に記者会見した軍高官は「建国50周年以降に実施した軍事パレードで最も大きな規模となる。パレードを通して世界一流の軍隊へ突き進む姿を示す」と強調した。

PR

PR

注目のテーマ