九州北部大雨、災害警戒 病院孤立きょう解消も 死者3人に

西日本新聞 一面

 秋雨前線の活発化で記録的な大雨となった九州北部は29日も、局地的に激しい雨が降った。佐賀県武雄市で浸水した民家の1階から、高齢女性が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された。一連の大雨による死者は3人となった。冠水した同県大町町の順天堂病院と併設する高齢者施設では患者ら200人以上の孤立状態が続き、ボートで応援の看護師たちが派遣された。県は「30日中の孤立解消を目指す」としている。30日も局地的に非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は土砂災害などに引き続き警戒を呼び掛けている。

 県や武雄署によると、29日午前4時半すぎ、武雄市北方町志久の民家1階の居間で、女性(96)がうつぶせで倒れているのが見つかり、死亡が確認された。死因は溺死。女性は1人暮らしで、28日から連絡が取れなくなったのを心配して、訪ねた次男が発見した。女性は足が不自由で、民家には床上約90センチの浸水の跡が残っていたという。

 大雨での死者は、佐賀県武雄市で2人、福岡県八女市で1人の3人となった。佐賀市で車ごと水路に転落した70代女性が意識不明の重体。武雄市では50代女性の行方が分かっていない。

 佐賀県は29日、同県大町町の鉄工所から約5万リットルの油が流れ出たとみられ、近くの六角川や有明海で確認されたと発表した。油が混じった雨水で冠水している順天堂病院については、周辺の水位を30日中に車で往来できるまで下げ、孤立解消を目指すことを明らかにした。

 気象庁によると、26日の降り始めから29日午後4時までの総降水量は、長崎県平戸市625・5ミリ▽佐賀県唐津市531・5ミリ▽佐賀市461・5ミリ▽福岡県久留米市402・0ミリ-に達した。各地で土砂災害が発生する危険性が高まっている。床上、床下浸水は、佐賀、長崎、福岡3県で計650棟以上に上っている。

 29日夜時点で、佐賀、長崎、福岡3県の4市町で計2万8136世帯の7万137人を対象に避難指示が継続。佐賀で493人、福岡55人、長崎35人が避難所に身を寄せた。

 交通機関の乱れも続き、JR九州は30日も、博多と佐世保を結ぶ特急「みどり」などを始発から運休。長崎自動車道の武雄北方インターチェンジ(IC)-嬉野ICの下り線は、大雨による路面の隆起で通行止めとなり、復旧のめどは立っていない。

 気象庁によると、同日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、熊本県150ミリ、福岡、佐賀、長崎、大分各県で100ミリ。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ