九州北部、大雨の峠越える 土砂災害にはなお警戒を  

西日本新聞 夕刊

 九州北部に記録的な大雨をもたらした前線は30日、九州南部まで南下し、北部の大雨は峠を越えた。ただ、これまでの雨で地盤が緩んでいるとして、福岡管区気象台は引き続き土砂災害に警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、26日の降り始めから30日午前10時までの総降水量は、長崎県平戸市626・5ミリ▽佐賀県唐津市533ミリ▽福岡県久留米市410・5ミリ-。30日午前11時時点で、佐賀県武雄市と大町町の全域、長崎県松浦市の一部世帯を対象に避難指示が継続している。 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ