世界の国々 小学生が学ぶ ワールドフェスタinひた ゲーム、パネル展示、講話

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 小学生が世界への理解を深める「ワールドフェスタinひた2019」が8月31日、日田市総合体育館であった。小学4~6年を中心とした子どもたち約280人は展示やゲーム、講話を通じて世界の国々について学んだ。

 市内の全20公民館を運営する市公民館運営事業団が、国際協力機構九州国際センター(JICA九州)などの協力を受けて開いており、今年で9回目。市内で働く外国語指導助手(ALT)や、別府市の立命館アジア太平洋大(APU)などの留学生が、自国の遊びを子どもたちに教えて一緒に遊んだり、食や祭りをまとめた展示パネルで母国を紹介したりした。元青年海外協力隊による講話もあった。

 同事業団事務局の伊藤正昭さん(57)は「世界の様子を知って、広い視野を持った人に成長してほしい」と話していた。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ