村制130周年の赤村で14日 農作業体験など催し 稲刈りやイモ掘り参加者募集

西日本新聞 ふくおか版

 赤村の豊かな自然の中で農作業を体験するイベント「DO YOU 農?」が14日、同村役場周辺や村農産物センターなどで開かれる。村制130周年になる今年は、実質130円で子どもから大人まで楽しめる企画がいっぱいだ。

 午前10時に村の温泉・宿泊施設「源じいの森」に集合し、田んぼに移動して稲刈り。昼食後はサツマイモ掘りと、村林業研究会メンバーが指導する木工体験がありコースターや箸などを作る。特別企画で運行するトロッコ列車にも乗れる。

 昼食は赤村産の米、野菜を使った料理を提供。夕食はジビエ料理と、同村と隣の添田町の地域おこし協力隊員が考案した米粉を使った天ぷらなどを用意する。

 昼、夕食を含む参加費は大人3130円だが、特産物センターの商品券3千円分を贈る。中高生以下はすべて130円。抽選で1人に新米130キロをプレゼント。この日刈り取った稲から精米し、大人1人につき3キロ分の米を後日、記念品として渡す。

 イベントは33回目で、村外在住者との交流拡大を目指し、新規の参加者を募集。村の担当者は「自販機のジュースより安い料金で一日楽しめます」と来場を呼びかけている。事前申し込みが必要で、定員100人になり次第締め切る。赤村産業振興課=0947(62)3000。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ