「闘う。香港の自由のために」 「雨傘運動」主導周庭氏に聞く

西日本新聞 総合面

 2014年の香港民主化デモ「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部、周庭氏(22)が1日、西日本新聞の取材に応じた。周氏は8月30日に「逃亡犯条例」改正案に反対する無許可集会への参加を扇動した疑いなどで逮捕、起訴され、保釈されたばかり。言論の自由などが損なわれつつある現状を踏まえ「今、闘わないと香港は終わってしまう」と訴え、若者らの抗議活動に理解を求めた。 (聞き手は香港・川原田健雄)

 -なぜこのタイミングで逮捕されたと思うか。

 「逮捕翌日の31日に大規模デモが予定されていたからだ。知名度の高い元学生リーダーや立法会(議会)議員を逮捕することで市民に恐怖感を与えようとしたのだと思う。逮捕者への暴力やセクハラが横行しており、私も身体検査でズボンを脱ぐよう強要された」

 -今回の抗議活動と雨傘運動との違いは?

 「リーダーがいないことのほか、同じ場所を占拠し続けない点が違う。雨傘運動では79日間も幹線道路を占拠したため市民生活に支障が出て、支持が離れた。今回は『水のように』を合言葉にいろんな場所でデモや集会を開いている」

 -デモ隊の一部には過激な行動も見られる。

 「穏健な行動は確かに幅広い支持が得られる。でもそれだけでは政府への圧力にはならない。急進的な行動も必要だ。世論調査ではデモを支持する人が多い。穏健なデモと急進的な行動の組み合わせが大事だ」

 -解決の糸口が見えない。

 「民主国家で200万人がデモしたら政権は終わるのに、香港政府は聞こえないふりをしている。一番の問題は香港政府が中国政府の指示なしに何も決められないこと。このシステムこそ解消しないといけない」

 「中国政府にとって香港は面倒くさい場所。コントロールを強めるほど市民は反発する。中国と香港政府はかたくなな態度ではなく、市民の意見を聞く民主的な制度を導入すべきだ」

 -民主的な制度を勝ち取っても、香港の高度な自治が認められた一国二制度は2047年までの約束だ。

 「既に香港の高度な自治はなく、約束を破っているのは中国政府だ。権利を勝ち取るのは難しい。しかも相手は世界で一番強い独裁政権の中国共産党だ。それでも今、闘わないと香港人は自分の家を失う。自由や権利のために闘い続ける」

PR

PR

注目のテーマ