「黒崎96の日」盛り上げよう 6日、乾杯大会や落語独演会

西日本新聞 北九州版

 9月6日は「黒崎96(くろ)の日」。八幡西区黒崎地区を盛り上げようと同日、JR黒崎駅前の商店街など一帯で多彩なイベントが繰り広げられる。

 地元の街づくり団体「副都心黒崎開発推進会議」のメンバーらでつくる実行委員会が2016年から毎年開催している。

 メインの乾杯大会は駅前の黒崎カムズ商店街で午後7時6分(19時6分)から実施。1960人以上で乾杯後、周辺の飲食店などに繰り出してもらう。大会チケットは500円。缶ビールかソフトドリンク1本におつまみが付き、航空チケットやホテル宿泊券などが当たる抽選にも参加できる。

 井筒屋黒崎店など各店は記念セールを実施。安川電機はみらい館・歴史館を午後1時~6時、自由観覧デーとして開放する。落語家三遊亭圓歌さんの独演会も午後4時から、黒崎ひびしんホールである(当日券2千円)。

 実行委員長で黒崎地区に30年近く暮らす池本綾女さん(52)は「黒崎は商業機能が低下し、かつてのにぎわいはないが居心地の良さなど魅力十分。オール黒崎で催すこのイベントを通じて、多くの人に黒崎に関心を持ってもらい、足を運んでもらえれば」と話す。推進会議事務局=093(642)1001(水曜休み)。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ