ウオーキング促進スマホアプリ活用 福岡市が民間と実証事業

西日本新聞 ふくおか版

 福岡市は3日、住民の健康増進につなげようとスマートフォンアプリを活用したウオーキング促進の実証事業を始めた。人生100年時代を見据えた持続可能な社会システムづくりを目指す「福岡100」プロジェクトに民間事業者のアプリを採択。来年9月末までの1年間で得たデータを健康づくり施策に生かす方針。

 使用するのは、プロ野球ファンが球団ごとに歩数で勝敗を競う「パ・リーグウォーク」(パシフィックリーグマーケティング)と歩数に応じてプレゼント抽選への応募などができる「ふくおか散歩」(西日本新聞社など)。「ふくおか散歩」は経済産業省の健康寿命延伸産業創出推進事業にも採択されている。

 市では1日の歩数目標を男性9千歩、女性8500歩に設定しているが、2016年度の調査時点ではいずれも未達成。市は「気軽にウオーキングを始めるきっかけにしてほしい」と期待している。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ