【やさしい日本語】あめの ひがいの あと、こわれた ものを かたづけるのが たいへん

西日本新聞

佐賀(さが) (けん) で、8(がつ) 28(にち) に  (つよ) い  (あめ) が  たくさん  ふりました。(まち) に  (みず) が  (なが) れてきて  被害(ひがい) が  () ました。

(いえ) の  (なか) に  (みず) が  はいりました。だから、(いえ) の  道具(どうぐ) が  たくさん  こわれました。

48(さい) の  男性(だんせい) は「ごみが  たくさん  あります。片付(かたづ) けが  (すす) みません」と  (はな) しました。

佐賀(さが) (けん)   武雄(たけお) () では、こわれたものを  () って() く  場所(ばしょ) が、たりません。

役所(やくしょ) の  (ひと) は「() の  (そと) にも  場所(ばしょ) を  つくるかも  しれません」と  (はな) しました。

(あめ) の  被害(ひがい) では、工場(こうじょう) から  (あぶら) も  (なが) れました。(あぶら) は  (いえ) や  (はたけ) に  () きました。きれいにしないといけません。

でも、役所(やくしょ) (ひと) は「どうすればいいか、() かりません」と  (こま) っています。

68(さい) 男性(だんせい) は「(あぶら) が  () いたので、きれいに  なるのには  時間(じかん) が  かかります」と  (こま) っています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ