【動画あり】「同性婚認めて」九州初提訴 福岡在住の男性カップル

西日本新聞

 国が同性同士の結婚を認めないのは憲法が保障する婚姻の自由を侵害しているなどとして、福岡市在住の男性カップルが5日、国に計200万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴した。弁護団によると、同性婚を巡る提訴は九州で初めて。

提訴後、記者会見する福岡市在住の男性カップル・こうすけさんと、まさひろさん

 原告は共に会社員のまさひろさん(31)とこうすけさん(30)=いずれもフルネームと漢字表記は非公表。2人は7月、福岡市に婚姻届を提出したが受理されず、提訴に踏み切った。

 弁護団は、婚姻が認められていない同性カップルは互いの法定相続人になれず、税制上の配偶者控除も受けられないなど多くの不利益が生じていると主張。国会が同性婚を認める立法措置を怠ったため、精神的苦痛を受けたと訴えている。

 提訴後に記者会見したまさひろさんは「性的マイノリティーの人にも、平等に権利が与えられる社会になってほしい」。こうすけさんは「異性カップルと同じように、私たちも支え合いながら生きている。同性婚が実現するよう動いていきたい」と話した。

 同性婚を巡っては今年2月、全国の同性カップルが札幌、東京、名古屋、大阪の4地裁に提訴している。

PR

PR

注目のテーマ