全国初、川下り舟が駅に“乗り入れ” 水郷・福岡県柳川市 24年度にも

西日本新聞

 江戸時代からの掘割を使った川下りで知られる福岡県柳川市と県、西日本鉄道(福岡市)は5日、西鉄天神大牟田線の柳川駅西口に掘割を引き込み、2024年度中に川下りのどんこ舟の乗下船場を設けると発表した。柳川市によると、鉄道駅に直結する川下り舟の乗下船場は全国初という。

 現在、主に4社が川下り舟を運航する。柳川駅から最も近い船着き場でも約300メートル離れており、観光の魅力アップになりそうだ。

 計画では、県が柳川駅北西側の二ツ川から掘割(幅7~8メートル)を約120メートル新たに掘り、船着き場を造る。西鉄は駅の西口に、飲食店や観光案内所が入る「にぎわい交流施設」を建設する。市は周辺の市道や駅前広場の整備を担う。

 今回の全体の整備面積は約6400平方メートル。現在は8割が西鉄の所有地で、バスの待機場やコイン駐車場として使用している。関係者によると、負担額は県が数億円、市が5千万円程度を見込む。西鉄の交流施設を含めた総事業費は今後算定するという。

 市によると、2018年の観光動態調査で、市への入り込み観光客数は136万4千人。川下りの乗客数42万2千人のうち、4割ほどが西鉄を利用して柳川を訪れている。

 柳川駅は市と西鉄による全面改修で15年に新駅舎と駅の東西を結ぶ高架自由通路が完成。今回の事業はそれに続く周辺整備となる。

 柳川市役所で記者会見した金子健次市長は「水郷柳川を国内外にアピールするチャンス。観光客増の起爆剤にしたい」と話した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ