JR、西鉄の値上げ認可

西日本新聞 社会面

 国土交通省は5日、10月1日の消費税率10%への引き上げに伴う鉄道、バスの運賃値上げを認可した。値上げ幅はいずれも申請通りで、JR九州と西日本鉄道は、初乗り運賃を10円増とするなどする。

 JR九州は、在来線の初乗り運賃を10円増の170円とする。主な区間では在来線の博多-福間、佐賀-鳥栖、長崎-諫早がそれぞれ20円増の480円になる。在来線特急は、博多-小倉の自由席が30円増の1830円。九州新幹線は博多-鹿児島中央の自由席特急料金が80円増となる。

 西日本鉄道は、天神大牟田線、貝塚線とも初乗り運賃を10円増の160円とする。福岡(天神)-久留米など620円の区間は10円増、福岡(天神)-大牟田など1020円の区間は20円増となる。

 福岡市営地下鉄は、200円の初乗り運賃が210円になる。330円、350円、370円の区間でもそれぞれ10円値上げする。

PR

PR

注目のテーマ