「アジア美術、100年の旅」

西日本新聞 もっと九州面

 10月5日(土)~11月26日(火)、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館。開館20周年記念展。18世紀末以降を対象とする約3千点のコレクションから、東、東南、南アジアの地域性が色濃く表れている近現代の美術作品約300点を展示する。

 パキスタンの4作家による「ハート・マハル」は、金属の大きな箱から光を放つ空間芸術。アジアの作家が同館に滞在して制作した作品も紹介する。一般千円、65歳以上と高大生800円。福岡アジア美術館=092(263)1100。
 

PR

PR

注目のテーマ