【★どうが★やさしい日本語】ふくおかけん くるめしで、150ねん ぐらい つづいた ほんやが、なくなる

西日本新聞

「きくたけきんぶんどう」のみせ 拡大

「きくたけきんぶんどう」のみせ

久留米(くるめ) () の  本屋(ほんや) 、「菊竹(きくたけ) 金文(きんぶん) (どう) 」は、1861(ねん) から  あります。

はじめは「() 文字(もんじ) () 」という  名前(なまえ) でした。

この会社(かいしゃ) から、たくさんの  本屋(ほんや) が  () まれました。

(みせ) は、  福岡(ふくおか) () の  天神(てんじん) や、  宮崎(みやざき) (けん) や、  広島県(ひろしまけん) にも  ありました。


有名(ゆうめい) な  作家(さっか) の  (ほん) も  () しました。

でも、インターネットを  使(つか) う  (ひと) が  () えました。ほかの  本屋(ほんや) との  競争(きょうそう) も  大変(たいへん) でした。

(ほん) が、だんだん  () れなく  なりました。

菊竹(きくたけ) 金文(きんぶん) (どう) の  (みせ) は、へっていきました。

最後(さいご) は、  久留米(くるめ) () の、1つの  (みせ) だけ  になりました。

その  (みせ) も、9(がつ) 21(にち) に  () まります。

本屋(ほんや) の  社長(しゃちょう) は「たくさんの  (ひと) が、残念(ざんねん) ですと  () っています。ありがとうございます」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ