阿蘇の国道57号、来年度中に復旧 熊本地震で寸断

西日本新聞 社会面

 2016年4月の熊本地震による土砂崩れで寸断された国道57号について、国土交通省九州地方整備局は9日、熊本県南阿蘇村の約900メートルの区間が20年度中に復旧し、全線の通行が再開する見通しになったと発表した。

 国道57号は、熊本市と阿蘇地域を結ぶ主要道路の一つ。九地整などによると、土砂崩れで復旧が困難として、並行するJR豊肥線復旧に向けた工事用道路や資材置き場に利用されていた。しかし、住民から「生活や観光に欠かせない」との声が強く、安全性を確認した上で復旧を決めた。国から県に維持管理を移管する方向で調整している。

 国交省は現在、崩落地を迂回(うかい)する国道57号の「北側復旧ルート」(約13キロ)の整備も進めており、20年度中の開通を予定している。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ