豊島が長考で封じ手 王位戦第6局

西日本新聞 社会面

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第6局が9日、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で始まり、午後6時、後手番の豊島が36手目を封じて1日目の対局を終えた。

 豊島が3勝2敗で初防衛に王手をかけた大一番。戦型は、第2局、第4局に続いて相掛かりになった。木村が3六銀(19手目)と銀を進めたのに対し、豊島は7五歩(28手目)と仕掛けた。角交換の後、木村が7七金(35手目)と上がると、豊島が2時間32分の長考で次の手を封じた。

 立会人の先崎学九段は「木村九段の7七金が工夫した受けの手。豊島王位が攻めをつなげられるかが焦点になる」と話していた。

 持ち時間は各8時間で、1日目の消費時間は木村3時間15分、豊島4時間25分。2日目の10日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページで速報する。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ