【やさしい日本語】あめの ひがいが でた まちで、びょういんが ひさしぶりに しんさつを はじめた

西日本新聞

しんさつできるようになったびょういん 拡大

しんさつできるようになったびょういん

8(がつ) 28(にち) 九州(きゅうしゅう) で  (つよ) い  (あめ) が  () って、  佐賀(さが) (けん) で  (おお) きな  被害(ひがい) が  でました。

大町(おおまち) (ちょう) の  病院(びょういん) にも  (みず) や  (あぶら) が  (なが) れて、道具(どうぐ) や  機械(きかい) が  こわれました。

そのとき、180(にん) ぐらい  病院(びょういん) に  いました。

2日間(ふつかかん) ぐらい(そと) に  () ることが  できませんでした。

9(がつ) 9(ここのか) から、病院(びょういん) は  (まえ) のように  診察(しんさつ)   できるように  なりました。

入院(にゅういん) している  (ひと) にも、() うことが  できます。

(あさ) から、たくさんの  (ひと) が  () ました。

84(さい) の  男性(だんせい) は「病院(びょういん) が  (もと) に  (もど) って  安心(あんしん) しました」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ