化石の森、オランダ村…目指せ「コスプレ聖地」 西海市、HPにガイド本

西日本新聞 長崎・佐世保版 華山 哲幸

 「コスプレの聖地」目指して-。西海市は、アニメやゲームのキャラクターに扮(ふん)する「コスプレ」の愛好家が、若年層向けに“写真映え”する市内の景勝地を紹介した電子ガイドブック「Cos Pan SAIKAI city」を作成、9日から同市のホームページ(HP)で公開を始めた。観光客の誘致につなげたい考えだが、行政機関とコスプレイヤーのタイアップは珍しいという。

 福岡県鞍手町で廃校になった校舎を拠点に、サブカルチャーで地域活性化を図るイベント会社「くらて学園」に委託。ガイドブックでは国内外で人気のコスプレイヤー4人がモデルとして登場する。

 柱状になった約3千万前の藻の化石が立ち並ぶ空間「化石の森」や、西洋の街並みを再現した異国情緒を感じさせる「長崎オランダ村」、旧日本軍が造った石積みの要塞(ようさい)がそのまま残る「石原岳森林公園」など12カ所で撮影した計48枚を紹介。ファンの間では早くも話題になっている。

 くらて学園は昨年10月~今年3月、オランダ村の未利用区域にある“廃虚”でコスプレイベントを10回開催。最初は少人数の集まりだったが、口コミで知名度が上がり、最後は300人近くが参加したという。同社の重松克則社長(57)は「西海市には『異世界』や『非日常』を感じさせる場所が数多くある」と魅力を語る。

 同社は今後、市内の宿泊施設利用者のイベント参加費を割引するなど市と連携を図っていくという。HP=https://www.city.saikai.nagasaki.jp/cospan.html (華山哲幸)

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ