嘉麻のかまぼこ 今年も 14日から1200本限定

西日本新聞 筑豊版 長 美咲

 嘉麻市は14日から、市のマスコットキャラクター「かまししちゃん」をモチーフにした特産品「嘉麻のかまぼこ」(1本300円)を、同市の「道の駅うすい」と「カッホー馬古屏」で販売する。年に一度だけ生産しており、毎年すぐに売り切れる人気商品。限定1200本。

 4回目となる今回は、場外舟券売り場「ミニボートピア嘉麻」とコラボし、ボートに乗るかまししちゃんをデザインした包装も用意。15、16日には飯塚市のイオン穂波ショッピングセンターでも販売し、実際のボートに触れたり、仮想現実(VR)を通して試乗体験ができたりするボートレースイベントも開く。

 嘉麻市の担当者は「秋の運動会シーズンでもあるので、お子さんの弁当にもお薦め。数に限りがあるので早めに買いに来てほしい」と話した。

 かまぼこは、嘉麻市の合併10周年を機に、2016年に市の職員が開発し、販売を開始した。市環境課=0948(62)5663。 (長美咲)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ