都市高速でバス立ち乗りなぜOK? 福岡の日常に衝撃受ける人も 1日2720本、西鉄に聞いた

西日本新聞 ふくおか都市圏版 福間 慎一

天神北入口から都市高速に入る西鉄バス 拡大

天神北入口から都市高速に入る西鉄バス

車両後方に張られた、速度60キロ以下での走行を明示するステッカー

 「福岡都市高速道路を走る路線バスに、お客さんが立って乗っていて驚いた。あれ、大丈夫なんですか?」。2年前に埼玉県から福岡市に転勤してきた男性会社員(42)から、あなたの特命取材班に疑問が寄せられた。地元では“日常”となっている都市高速の西鉄バスだが、人口の入れ替わりが激しい福岡では、この光景に衝撃を受ける人が後を絶たない。あらためて「なぜ」に迫った。

 平日夕方の都市高速天神北ランプ(福岡市中央区)に、路線バスが次々と吸い込まれる。帰宅する会社員らですし詰め状態も少なくない。男性は「高速バスではシートベルトをするよう注意されるのに」と不思議がる。

 西日本鉄道に聞くと「ご質問はよく受けます」と担当者。もちろん違法ではなく、一定の条件で国の規制緩和を受けている。国土交通省によると、主な条件は都市高速を通行する距離と時間が路線全体の半分以下で、その部分は時速60キロ以下で走行すること。車両の前後に60キロ以下で走ることを明示するステッカーを張る必要がある。

 都市高速は、普通自動車の制限速度が時速60キロの自動車専用道路。九州自動車道のような100キロの「高速自動車国道」とは異なる。福岡都市高速には特例として80キロの区間もあるが、そこでも西鉄バスは60キロ以下で走る。

 西鉄が最初に都市高速に乗り入れたのは1981年5月。「福岡-赤間線」で福岡市と宗像市を結んだ。同社によると、当時、いくつかの停留所を飛ばして走る「急行」が好評で、渋滞を避ける新たな手段として都市高速路線を導入した。その後、地下鉄の整備などでバス事業を取り巻く環境が厳しくなり、「新路線やサービスの開発を進める中で、都市高速路線が充実してきた」(担当者)という。

 都市高速を走る路線バスは他県にもあり、冒頭の男性の出身地である埼玉県内の首都高速でも東武バスウエスト(さいたま市)が1路線を運行。名古屋市営バスには、80年から名古屋高速を走る系統があり、平日は上下計40本が走る。

 それに対して福岡都市高速の西鉄バスは平日で32路線、一日に計2720本(9月1日現在)と圧倒的な多さ。ちなみに最長距離は「甘木(都市高速)博多駅線」の水城(太宰府市)から千代ランプ(福岡市博多区)に至る10・9キロに及ぶ。

 「でも、やっぱり怖いですよね」と男性は心配そう。朝、渋滞で10分以上遅れて都市高速に入ったバスに乗車して取材班が“覆面調査”したところ、遅れを取り戻すような運転はなく、都市高速では60キロ以下を貫徹。乗客の降車時には運転士が一人一人に「遅れてすみません」と声を掛けていた。 (福間慎一)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ